ガールズバイトNews

キャバ嬢は嘘をつく!【理由:安全のため】

業界

キャバ嬢は嘘をつく!【理由:安全のため】

写真

「キャバ嬢は嘘つきます!」

写真

普段からキャバ嬢はたくさんのお客さんとお話しますよね、そんな中でキャバ嬢には嘘をつかなければならない場面が訪れます。それは「住んでいる場所など、個人情報を聞かれた時」そして「本当の事を言ってお客さんをがっかりさせてはいけない時」です。
具体的には

1.本名・年齢
2.家の場所や最寄り駅
3.彼氏がいるかどうか

以上3点が挙げられます。

1.本名・年齢

普段源氏名で活動しているキャバ嬢ですが、酔ったお客さんに本名を聞かれることもあります。
お客さんとしては、気になっているキャバ嬢を名前で呼びたいだけなのでしょう。
ただ、今は情報社会なので本名をネットやSNSで検索したらすぐに個人が特定できてしまいます。
なので、身バレを防ぐために本名を教えないキャバ嬢が多いです。
同じように、年齢も教えないキャバ嬢も多いです。
30代で年齢にあまり自身がないキャバ嬢は、お客さんに気を使って年齢を伏せることがよくあります。

2.家の場所や最寄り駅

これを素直に教えてしまうと、お客さんとなにかトラブルがあって恨みを買ってしまった場合、自宅や最寄り駅で待ち伏せされる可能性があります。
正確な場所は教えないようにしましょう。
一人暮らしはしておらず、家族と一緒に住んでいると嘘をつくことも対策として有効になるでしょう。

3.彼氏がいるかどうか

「いる」と答えるとお客さんががっかりしてしまうので、「いない」と答えるキャバ嬢が多いようです。
お客さんはキャバクラに夢を見に来ています。
その夢を壊さないよう、お客さんの前では彼氏がいないふりをしてくれているのです。

「お客さんだって嘘を付く!」

写真

お客さんもキャバ嬢によく見られたいという思いから嘘をつくことがあります。
例えば

1.仕事・職業
2.女性にモテる

の2点です。

1.仕事・職業

見栄を張るために、職業を偽る人がいます。
医者だったり、弁護士だったり...
女性からのウケが良さそうな職業だと偽ることが多いです。

加えて、お金持ちであると嘘を付くお客さんもいます。
全身をブランド物で固めているお客さんってたまにいらっしゃいますよね。
もちろん、本当にお金持ちのお客さんもいると思いますが、見栄を張るために無理してお金持ちアピールをするお客さんもいます。

カテゴリ