ガールズバイトNews

キャバクラの罰金制度について…【ほんとにあるの?】

業界

キャバクラの罰金制度について…【ほんとにあるの?】

写真

「キャバクラに存在する"罰金"という制度」

通常の会社では考えられないかもしれませんが、キャバクラの世界には罰金の制度を設けているお店があります。理由としては、従業員(キャストやボーイ)の無断欠勤などを防ぐ役割を果たすからです。
従業員が来なかったら、お店は営業できないですからね…
お店によって罰金の額に差はありますが、中にはとんでもない額の罰金を支払わなければいけないお店もあります。
今回は、実際キャバクラ店に存在する罰金の種類について話していきます。

「キャバクラに存在する罰金の種類」

写真

キャバクラに存在する罰金の種類は、主に以下4つです。

1.遅刻罰金
2.当日欠勤罰金
3.無断欠勤罰金
4.風紀違反罰金
5.各ノルマ未達成による罰金

お店によってはこの他にもあるところはありますが、だいたいこの5種類です。

1.遅刻罰金

その名の通り、遅刻すると発生してしまう罰金です。
1回目の遅刻から罰金を取るお店もあれば、常習犯にだけ適用しているお店もあります。

これを回避するには、当たり前ですが"遅刻をしない"ことです。
キャバクラは夜型の生活になるので、朝方寝ることになると思います。
出勤前に起きるのが辛いという人は、目覚ましを多くセットしてみたり、友達や仲の良いキャストに電話で起こしてもらうなど工夫して、遅刻を回避できるようにしましょう。
お店の近くに引っ越すのもアリだと思います!

それでも、寝坊してしまった場合は素直にお店に遅れることを連絡しましょう。
無断で遅れるのが1番NGです!

2.当日欠勤罰金

出勤の予定があったのに、事情があって欠勤した場合に発生する罰金です。
「当日の決まった時間までに連絡を入れれば大丈夫」というキャバクラもあれば、「シフトの変更を前もって伝えておかなければ罰金」というキャバクラもあります。
平日と週末によって罰金の額が変わるので注意が必要です。

これを回避するには「極力休まない」ことが1番ですね。
体調不良などでどうしても…という場合は病院の診断書があれば大丈夫な場合もあります。
さすがに、お店の人もそこまで鬼じゃないはずです。

3.無断欠勤罰金

出勤の予定があったのに、無断で連絡もせず欠勤した場合に発生する罰金です。
この無断欠勤ですが、 今回紹介する罰金の中で一番ご法度です…
お店によりますが、3日分の日給を罰金で支払わなければならないケースもあります。
お金だけでなく、お店の人からの信頼・評価も失ってしまうことになります。

対処法としては「どんな理由があっても無断欠勤はするな」としか言えません。
事情があって欠勤する場合でも、連絡だけはちゃんと入れるようにしましょう。

4.風紀違反罰金

これは、キャバクラにおいて女性従業員(キャスト)と男性従業員(ボーイ)が恋愛関係などになってしまい、それがバレてしまったときに発生する罰金です。
ほとんどの場合、男性従業員のみに罰金が課されますが、お店によってはキャストにも罰金が課されるところもあります。

これを回避する方法は、「ボーイとは絶対に恋愛関係にならない」しかないですね…
男性従業員と交際して、それがバレてしまった場合、お店の人や普段良くしてくれているお客さんまで悲しませてしまうことになります。気をつけましょう。

カテゴリ