ガールズバイトNews

キャバ嬢の賃貸契約について!家を借りるときの注意点は?

業界

キャバ嬢の賃貸契約について!家を借りるときの注意点は?

写真

キャバ嬢の賃貸契約について!家を借りるときの注意点は?

写真

キャバクラ嬢など、夜のお仕事をされている方って家とか借りるのが大変そうなイメージがありませんか?そのイメージの理由としては

1.毎月の収入が不安定だから
2.周りに内緒でキャバ嬢をやっている人が多いので、保証人を立てるのも難しい。
3.キャバ嬢のイメージがあまりよくない人もまだいるから
4.夜型の生活なので夜間の騒音など、住民間でトラブルが起こる可能性がある。

など、以上の4点が挙げられます。

1.毎月の収入が不安定だから

キャバ嬢の収入には波があります、ですので大家さんとしては「毎月ちゃんと家賃が払えるのか?」という不安が生まれます。このように、収入の不安定さで契約を断られてしまうことが多いです。キャバ嬢の仕事に理解のある大家さんを探すことが必要です。

2保証人を立てることが難しい

毎月の収入が不安定でも、保証人を立てれば契約を結べる不動産屋さんはあります。
ただ、多くのキャバ嬢は自分の仕事を内緒にして働いているケースが多いです。
なので、保証人が立てられないことによって契約を断られてしまうケースもあります。

3.キャバ嬢のイメージがあまりよくない人もまだいるから

昔に比べたら、キャバ嬢など水商売の方のイメージもだいぶ向上したと思います。
ただ、一方でまだ良くないイメージを持っている人も一定数いらっしゃいます。
このようなイメージだけで契約を断られることもあります。これは人によると思うので、理解のある人を探すようにしましょう。

4.住民間でトラブルが起こる可能性がある

キャバ嬢は、どうしても夜型の生活になります。
そうなると、夜少し騒いだだけ近隣住民とのトラブルに発展する可能性があります。こういった近隣住民とのトラブルを恐れて、契約を断られることもあります。
家を探すときは、壁の薄さもしっかりと確認するようにしましょう。

「じゃあどうやって家を探せば…」

写真

上記のような理由から、家を借りることが難しいキャバ嬢ですが、どうすれば良いのかについてこれからお話します。
方法としては

1.お店の寮に入れてもらう
2.保証人をなんとかして立てる
3.条件にこだわりすぎない
4.引っ越しシーズン以外で家を探す
5.落ち着いた服装で不動産会社へ行く
6.キャバ嬢専門の不動産を利用する

以上の6つが挙げられます。

カテゴリ