ガールズバイトNews

キャバクラとガールズバーの違いって?徹底解説!

業界

キャバクラとガールズバーの違いって?徹底解説!

写真

「キャバクラとガールズバーって結局何が違うの?」

このように思っている女の子って、結構多いのではないでしょうか。
確かに、キャバクラとガールズバーの区別は一見つきにくいかもしれません。
今回はそんな方たちのためにガールズバーとキャバクラの違いについて解説していきたいと思います。

「キャバクラとは」

キャバクラとは、キャバ嬢と呼ばれる女の子がお客さんの隣に座って、お酒を作って提供したり、楽しくお喋りをするお仕事です。

服装ですが、基本的にはドレスを着ての接客になります。
お店によっては、ノルマがあったり、ホストのようにナンバーワンを争ったりと競争があったりします。

「ガールズバーとは」

ガールズバーはここ数年店舗数の増えてきた比較的新しいお店です。
キャバクラとは違い、お客さんの隣ではなくカウンター越しでの接客になります。

服装は、私服だったり制服があったりと、お店によって様々です。
基本的にノルマといったものはなく、キャバクラよりは女の子同士の争いがあまりありません。

「キャバクラとガールズバーの違い」

写真

キャバクラとガールズバーの違いは主に

1.接客が「お客さんの隣」か「カウンター越し」か
2.服装が「ドレス」か「私服・制服」か
3.給料の水準
4.お店の営業時間
5.お客さんとの連絡先交換の有無

この5点が挙げられます。

1.接客が「お客さんの隣」か「カウンター越し」か

やはり最大の違いは、接客が「お客さんの隣」か「カウンター越し」かですね。
キャバクラは基本的にお客さんの隣に座っての接客になります。
初めて会う男性の隣に座る事に抵抗のある女の子は、カウンター越しでの接客ができるガールズバーの方がおすすめかもしれません。

ただ、ガールズバーは基本的に立っての接客になるので、体力があまりない方には少し大変かもしれません。

2.服装が「ドレス」か「私服・制服」か

服装にも違いがあります。
キャバクラは、基本的にドレスを着ての接客になります。
キラキラして華やかなものが好きな女の子にはいいかもしれませんね。

対して、ガールズバーの服装は私服か制服がメインです。
これはお店にもよりますが、比較的自由で楽な服装で働くことができます。

カテゴリ