ガールズバイトNews

キャバ嬢は確定申告をするべき?【結論:した方が良い】

業界

キャバ嬢は確定申告をするべき?【結論:した方が良い】

写真

「確定申告とは?」

確定申告とは、1年間の所得(1月1日〜12月31日)とそれにかかる税金を計算し確定することをいいます。
この計算をすることによって、不足している分を補ったり払い過ぎた税金の返金をしてもらえることが出来ます。
申告書の提出期限は、基本的には翌年の2月16日〜3月15日までとなっています。
確定申告をするには、源泉徴収標をお店から年末までに発行してもらう必要があります。

「キャバ嬢は確定申告するべきなの?」

写真

キャバクラでは基本、お店側がスタッフの所得から税金を計算して給料を支給する前に差し引く源泉徴収の形をとっています。
会社員として、1つの会社で働いてるのならば年末調整によって税金額を調整してくれるため確定申告の必要はありません。
しかし、キャバクラの場合だと専業でも確定申告が義務付けられている場合があります(契約状況によるのでお店に確認が必要)

「確定申告では何ができるの?」

所得税は1年間の所得額を元として決められます。
所得が多ければ多いほど所得税も高くなっていく仕組みです。
確定申告を行うことによって、払い過ぎてしまった税金の返金を受けられる場合があります。

「確定申告をした方が良い理由」

キャバ嬢が確定申告をした方が良い理由として

1.払い過ぎた税金が戻って来る可能性がある
2.無申告は罰則の対象になってしまう

この2点が挙げられます。

1.払い過ぎた税金が戻って来る可能性がある

お店からお給料をもらう際に給与明細を一緒にもらう人が多いですよね。
しっかりと確認してみると、源泉徴収という項目でいくらか引かれていませんか?
源泉徴収とは、先程も説明した通りお店側が前もって所得税を引いて、代わりに国に納めてくれていることを言います。

この源泉徴収が、本来払うべき額よりも多く引かれている場合があり、その差分を確定申告によって返してもらう(還付)ことができるのです。

2.無申告は罰則の対象になってしまう

本来確定申告をしなければならない人が、申告をしないと「無申告」扱いになり罰則の対象になってしまいます。
後でバレて数十万〜数百万の税金を払うことになったケースもあるので、確定申告の対象となる方は必ず行うようにしましょう。

カテゴリ