ガールズバイトNews

キャバクラ・ガールズバーの体入制度!マイナンバーって関係あるの?

業界

マイナンバー、よく聞くけど実はよく分からない…

写真

最近よく聞く「マイナンバー」。

平成28年度から導入され、テレビや街頭広告などでも多く耳にするようになったこの制度。皆さんも一度は聞いたことがありますよね!

お仕事をするときや確定申告をするときなどに必要ということは、なんとなく知っている方も多いと思います。

でも、アルバイトにも必要なの?短い期間でも出さなきゃいけないの?体験だけでも必要なの?いつまでも記録として残っちゃうの?他の人にバレてしまわないかな?

よく聞くけど、実際の細かいことはよく分からない…。なんだかこの制度って、難しそう…。
そんな疑問を持っている方も多いですよね。

では、マイナンバーってどんなものなのか、一緒に確認していきましょう!

そもそもマイナンバーって何で作られたの?バイトでも必要なの?

マイナンバーとは、税金や社会保障の管理のために国民全員に付けられた12桁の番号で、個人の所得や税金の管理、社会保険の手続きなどの目的に利用されます。

こう見ると、ちょっと難しそうなイメージがあるかもしれません…。

ですが、このマイナンバー…税金などの提出書類を減らしたり、早く手続きが済むように手間を減らすために作られた、私たちが便利になるように作られた制度なんです!


でもこの制度、正社員だったら必要かもしれないけど、バイトにも必要なの?
少し疑問なところですよね…!

特に、空いた夜に稼げるガールズバーやキャバクラでのお仕事を考えている方には学生さんも多くいると思いますが、家族扶養だし、扶養内で働きたいんです!っていう方も多いのではないでしょうか。
※扶養内…「103万の壁」などと呼ばれる、所得税が課税されない収入の範囲。

実は、バイトであっても、扶養内であっても、マイナンバーの提出は必要なんですね!

というのも、この新しい制度が作られたことで、雇用主さんが提出する社会保険の届出やお給料の支払いにこのマイナンバーが必要になったんです。

また、バイトでもお給料に対して源泉徴収がされていますが、多く払っていることが殆どですから、払いすぎた分を還付してもらうように年度末に確定申告をしますよね。
そのときにも、このマイナンバーを使うんです。

ですから、社会保険に加入しないようなバイトでも、マイナンバーの提出が必要なんですね!

体験入店でも必要なの!?

ここまでで、マイナンバーとどんなものなのか、バイトでも必要なのかどうかについてお話してきました。

さてここで気になるのが、キャバクラやガールズバーの体入でも必要なのかどうかについてです。

「体験だし、お給料も大きくないし…」「業界も初めてだし、このお店で働くかどうかもまだ分からないし…」「まだ所属してないし…」等など、体入になると、少しどうなのか疑問ですよね。

体験であっても、1日だけであったとしても、お給料が発生する際にはその金額の代償に関わらず、提出が求められます。
どんな形であれ、お金をもらってお仕事をするのですから、マイナンバーの提示は必要不可欠なんですね!

履歴は残らない!?他の人にはバレない!

写真

キャバクラやガールズバーでの体入でも、マイナンバーは必要なんだということがはっきりとしましたね!

ここまででマイナンバーが必要なのは分かったと思いますので、ここから、マイナンバーに記録された情報って他の人に知られないかどうかについて確認していきましょう!

マイナンバーは便利な制度ですが、バイトと言えどそれは個人のプライベートな情報です。

知り合いに知られたくない!他の仕事を始めるときに勤務先や勤務期間とか調べられないの?働いたら一生その履歴って残らないのかな…?と、先々の不安もありますよね。
これについても、きちんと情報が守られるように決められていますので、安心してください。

カテゴリ