ガールズバイトNews

キャバ嬢失敗談!葉月芽生にも苦難の過去が…!?

インタビュー

輝かしい実績までの厳しい道のり

写真

輝かしい実績を持ち、有名キャバ嬢として知られるようになった葉月芽生さんですが、過去なかなか売れない時期もあったようでお客様に「このままでは六本木ではやっていけないよ」と言われたことも…。芽生ちゃんがそこからどのようにして指名を獲得していったのか、No.1になるためには何が必要なのか、逆境から栄光まで全てを知る芽生ちゃんだからこそ実現したインタビューです。

時間にルーズでごめんなさい!

ー今人気のキャバ嬢で完璧な仕事ぶりだと思うんですけど、なかなかうまくできないことってありますか?

芽生ちゃん:これ昔からなんですけど、すごい時間にルーズなんですよ…。同伴の時間に遅れていってしまう。自分の中でもすごい直したい部分なんですけど、今だに多少ありますね…。

ーけっこう遅れちゃうんですか?

芽生ちゃん:昔は1時間とか全然普通だったんですけど、今はだいたい15分くらいまで縮めました!

ー徐々に改善はできているんですね!(笑)

千葉から六本木へ…そこで初めての挫折

ー続いての質問なんですが、うまくいかなかった時にお店やお客様に注意された経験はありますか?

芽生ちゃん:注意というか、自分のことを思ってくれて言ってくださった方が今までにいました。私、過去に柏でやっていたんですが、全然今と違うキャラだったんです。
いうならば、うるさくて、おばかちゃんキャラみたいな。ここだけの話なんですが、頭も良い方じゃないので、無知!無知なんですよ、言葉も知らないし、掛け算とかもできないくらいのおばかちゃんのキャラでやっていたんです。
けど、六本木入ってからもそのままのキャラでも自分はいけるっていう自信があって、やっていたんですけど、いっさい指名が取れなかったんですよ、最初。

ーなかなか難しい世界ですもんね…。

芽生ちゃん:本当に…。指名がとれなくて。場内(指名)とかも全然とれなくて。
それを昔から付き合いのあるお客様に六本木にも来ていただいていたので、相談したら、「このままじゃ多分、六本木ではやっていけないでしょうね。」っていうアドバイスをもらって。
「それはなんで?」って聞いたんですよ。
そしたら、「知識が無い。」と。私は六本木のお客様に対応できるような知識が無いって言われたんですよ。すごいはっきり言ってくださるお客様で。それをどうすればいいかってまず一から歴史から勉強しろ、と。私アメリカの大統領も知らなかったんですよ。

全部叩き込んで、自分でネットで調べたり、お客様から聞いたりして。全部勉強して、新聞も読むようになって、ニュースもみた事なかったけど、見るようになって、株だったり為替だったりそういうのもしっかり勉強しました!

ーなんでも話せる状態ということですね。

芽生ちゃん:はい、なんでも話せるようになりました。努力しました、そこは!

ーそのお客様は今でもよく来てくださるのですか?

芽生ちゃん:はい!今でもよく来てくださるんですけど、その人がいなかったら今の私はなかったと思います!

ー気になる葉月さんの"No.1になるために気づいたこと"は次のページ!ー

カテゴリ