ガールズバイトNews

一流キャバ嬢 葉月芽生が語る本気の仕事術

インタビュー

キャバ嬢としてのキャリアの始まりと今

写真

所属する美人茶屋で圧倒的人気を集め、一流キャバ嬢に上り詰めた葉月芽生さんにキャバ嬢としての仕事に何を意識しているのかを伺います。葉月さんのキャバ嬢としてのキャリアのスタートから現在までにどのようなことがあり、今の成功を掴んだのでしょうか。『体験!ガールズバイト』だからできた独占密着取材です。

キャバクラでのお仕事をはじめたきっかけは…◯◯!

インタビュアー:美人茶屋葉月さんに独占インタビューということでこれまでの人生に注目していきます。
キャバクラでのお仕事を選んだきっかけは?

葉月さん:これ本気でいいですか?(笑) あの、私けっこう楽して稼ぎたい人だったんですよ。お酒も好きだし、タバコも吸えるし、話してるだけでお金がもらえるなんて、こんないい仕事ないって思って!お金もなかったし、初めてキャバクラに行ったのがはじまりです。

インタビュアー:最初のキャバクラは六本木なんですか?

葉月さん:いえ、全然。最初は千葉なんです。千葉の柏という所でやっていました。出身は埼玉なんですけどね!

インタビュアー:どうでしたか、初めての時は。

葉月さん:いや、もう何も考えてないからすっごい楽しくて。おじさんと話してお金もらえるんだっていうそんな感じでした、最初は。

インタビュアー:でも、働いているうちで大変なことがあったんでしょうか、今すごいしっかりされているので…。

葉月さん:これは笑い話なんですけど…私けっこう『虚言』なんですよ!

葉月さんは"虚言"がお好き…!?

写真

インタビュアー:虚言?

葉月さん:ちっちゃいことをわざと大きく言っちゃうんですよ!(笑)そうでもないことを笑えるかなと思って、大きく言うんです。
私引き出し広いとか言うじゃないですか。HPの一言コメントの所に「すべらない話ができます!」って私毎回書くんですよ。

インタビュアー:すべらない話(笑)

葉月さん:私お笑い番組がすごく好きで。けっこうすべらない話持ってるんですよ、パクリなんですけど。私はたくさん見てるので!「すべらない話できます!」って書くじゃないですか、そうするとWeb指名のお客様はそれを見て来ているから、私がめちゃめちゃおもろいやつだと思って、すべらない話してよ、と言われるんです。…そこで毎回滑るという(笑)しかもパクリがバレるという(笑)それが毎回なんですよ。

インタビュアー:ネタを毎回考えてる?

葉月さん:ネタはめちゃくちゃあるんですよ、パクリだけど。
でもおっきく言っちゃうから後々、「それ知ってる!」とか「それ10年前に流行ったネタだよね」とか言われて毎回すべるんですよね…。
しかも自分が話をしてる最中に笑っちゃうから、その時点でオチを言ってもシーン…ですよね。怖いですよね(笑)
でも、虚言は続けます!(笑)

カテゴリ