ガールズバイトNews

セクハラはない…?ガールズバーでうまく働き続ける秘訣

業界

カウンター越しのガールズバー

写真

ガールズバーは、あくまでバーという業態で経営をしておりますので、女の子とお客様の間にカウンターがあることはご存知かもしれません。

カウンターを乗り越えてくるお客様はもちろんいませんから、お客様の隣に座る必要のあるキャバクラと比べ、お客様が体に触れてくるといったようなセクハラ行為は少ないのではないか、と予想できますね。

ガールズバーで働こうとしているみなさん、実際のところどうなんでしょうか。

女性のみなさんですから、自分の体のことは誰よりも大切に守っていかなければなりません。

今回は、ガールズバーでのセクハラの実態についてリアルな話をお伝えします!

ガールズバーはお触りNG

写真
触ってくる男性は嫌ですよね…厳しく注意しましょう。

ガールズバーは原則、そこに勤務している女性に触れてはいけないことになっています。というのも、ガールズバーはあくまでバーという飲食店であり、風俗店ではないためです。

相手はお酒を飲んだ男性、もちろん心配に思うこともあるかもしれません。

しかし、カウンターに遮られたガールズバーではそもそも物理的に触れることが難しいこともあり、ガールズバーで激しいセクハラ被害に遭うことは滅多にありません。

お店にとってもそこで勤務する女性は大切な存在であるため、もしそうしたお客様がいた場合は入店NGにすることだってできます。

安心して勤務をすると良いでしょう。

セクハラトークにご注意!

写真
セクハラトークは聞きたくありません!!

ガールズバーは物理的なセクハラは起こらない環境ですが、お客様との間に会話がある以上、言葉のセクハラというのは避けれない場合があります。

お酒を飲んで上機嫌になっていることもあり、デリカシーの無い話をしてくるお客様も少なくありません。

時には酷い下ネタに付き合わされることも…。

そうしたことに全く耐性の無い女性はこうした「セクハラトーク」に苦しめられることになってしまうので、注意して勤務しなくてはなりません。

よっぽど苦しい場合は、すぐに店舗のスタッフに相談して、お客様の対応をする女性を変えてもらうなどの対策をした方が良いでしょう。

お客様とお話をし、楽しませることは仕事ですが、セクハラを受けることは仕事でもなんでもありません。無理をせずに働いてくださいね!

カテゴリ