ガールズバイトNews

レーサーでagehaモデル!?異色の経歴の美女、神子島みかさんに注目!

インタビュー

魅力的な女性に迫るガールズバイトインタビュー!今回は神子島みかさん♪

写真

ガールズバイトでは、魅力的な女性に注目!

今回、チェックするのは、レーシングドライバーでファッションモデル、という異色の経歴を持った女性『神子島みか』さんです。

神子島さんは小学校から続けているというレーシングの腕前はもちろんのこと、レーサーの活動と併行しながらのモデル活動を通じて、”サーキット界の浜崎あゆみ”とも評されたほどの美貌の持ち主です。

そんな彼女に注目です。

初めてレースを志したのは小学校の頃!

-元レーサーという珍しい経歴をお持ちの神子島さんですが、レーサーになろうと思ったのはいつごろなんですか?

神子島さん:レーシング用のカートに初めて触れたのは8歳でした。小学校の頃の夢が「レーシングドライバーになりたい。」でした!

-小学校からですか!驚きです。きっかけは何でしたか?

神子島さん:父がレーサーなんです。レーシングカートに触れる機会が多かったので、それがきっかけです。子供の頃漠然とレーサーになりたかったのは「親が私にやってもらいたいだろうな。」というのが理由でした。

高校時代に一度辞めた道。その時の生活とは?

-そこからずっとレーサーに憧れていたんですか?

神子島さん:高校生の時に一回辞めました。思春期です(笑)
小学校の頃から土日も休みなく、練習していました。朝もトレーニングしてから学校に行く毎日で…。授業にもなかなかついていけなくなってしまって、学校終わってからは塾や家庭教師、いっぱいいっぱいでした。

-1回辞めてみて、その時の生活は?

神子島さん:高校生の時は渋谷で遊びました。初めは楽しかったけど、思ったよりも退屈になってきました。
高校はメイク科のある学校にしました。メイクが好きだったので!ただ、やってみて気づいたのですが、自分の化粧は興味あるけど、人を化粧することには興味ないなって(笑)

父の言葉で復帰を決意。刺激を求めてレースの世界へ。

写真

-復帰するにあたってのきっかけってありますか?

神子島さん:いろんな経験をしました、高校の時は、フットワークも軽かったので。色々やってみたんですが、刺激がありませんでした。やっぱり刺激があったのはレース。
でも、自分から辞めたので、親には言い出せなかったんです。「もう一度やりたい」って。
そしたら、父が察してくれて。
「せっかくやってきたものを、嫌いになって辞めるのは違うと思う。好きになれるようにもう一回やってみたら?」と言ってくれました。その言葉に乗っかることで復帰できたんです。

復帰一年目にしてシリーズチャンピオン!一気に注目を浴びるように

-復帰してからの日々は?

神子島さん:復帰してからが自分の意思で始めたレース活動です。復帰一年目はまず楽しみたい!という気持ちで。
フォーミュラーカーは全くやったことのない分野での競技だったため、なかなか結果も出なかったんですが、楽しんで突っ走っている感じでした。気づいたら1年終わっていて、実はデビュー1年でシリーズチャンピオンを取れていたんです!

-シリーズチャンピオン!やりましたね!

神子島さん:その時は本当に気づいたらっていう感じで、年の最後に言われてハッとしたんです。シリーズチャンピオンっていう言葉すらよくわかっていない状態で。でも、その後、狙い始めたら難しかったです。

-実は正直今の雰囲気からはあまりレーサーの時の神子島さんって想像できないのですが、どんなレーサーだったんですか?

神子島さん:レーサーってまず、男の人の世界だから、当時金髪ショートカットで、見た目が目立っていたんだと思います。それでいて、敬語も使えなくて、喧嘩っ早くて、そんなんだから、当たってきたドライバーに怒鳴りに行ったりも(笑) 当時18歳で、まだまだ未熟でした;

-「レーサー界の浜崎あゆみ」なんて呼ばれてもいましたよね。

神子島さん:はい(笑)
それ自分で言ったわけじゃないんですけどね!(笑)
ただ、そのおかげもあってかメディアに取り上げられることも多かったです。

カテゴリ