ガールズバイトNews

キャバクラの面接はこれでOK!採用される秘訣とは

面接

「受かるかどうか不安…」ナイトワークの面接対策

写真

ナイトワークデビューで最初の関門が面接です!「受かるかどうか不安…」という声をよく聞きますので、ナイトワークの面接対策をまとめました。

【応募から入店までの流れ】

まずは応募から入店までの流れを把握しておきましょう。ナイトワークの応募方法について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【応募する】
求人サイトやお店のホームページから応募します。

【面接日を相談する】
お店の人と連絡がとれたら、面接を受ける日を相談して決めます。面接日に体験入店を希望する場合は、そのことを伝えましょう。

【面接を受ける】
お店もしくは、お店の近くの喫茶店などで面接を受けます。面接は開店前の夕方頃の時間が多いです。

【体験入店する】
面接をパスしたら、体験入店をしましょう。体験入店をせずに本入店することもできますが、お客様の層やお店の雰囲気が自分にあっているかどうかを見極めるために、体験入店をしておくことをおすすめします。

【本入店する】
体験入店で問題がなければ、本入店になります。体験入店をしたからといって必ずしも本入店をしなくてはいけないということはないので、もし「自分には合わないな」と思ったら、お店の人にきちんと伝えて断りましょう。

【事前準備】

面接日が決まったら、面接に向けて事前に準備をしておきましょう!

【用意していくもの】

顔写真が確認できる身分証(運転免許証・パスポート・住基カード・学生証など、顔写真を確認できるもの)を持っていく必要があります。お店によっては、学校の卒業アルバムと顔写真なしの身分証(健康保険証や住民票など)でもOKの場合があります。

※ナイトワークは18歳以上でないと働けません。18歳未満や高校生を雇ったお店は営業停止などの処分を受けることがあるため、入店前に必ず年齢確認を行います。

【筆記用具】
お店で履歴書を書くのに必要です。店則(てんそく)と呼ばれる、時給や罰金・ノルマなどの規則が書かれた紙をもらうこともあるので、気になることがあればメモしましょう。お店の人が筆記用具を用意していることも多いですが、自分のものを用意することでさりげなくやる気をアピールできます。

※あらかじめ記入した履歴書を持っていく必要はありません。一般的な履歴書の項目はナイトワークでは必要ないものも多いので、お店が独自のプロフィール用紙を用意しています。

写真

【メイク・ファッション】

面接にはどんな格好でいったらいい?という質問をよく受けます。原則として、清潔感があって、明るい印象を与える格好を心がけましょう。

具体的に解説します。

①CanCam、ViVi、GLAMOROUS系のファッション
お店のタイプにもよりますが、基本的には男性ウケするファッションがオススメです。パンツスタイルよりもスカートスタイル、ダークな色より明るい色、という感じです。

②爪や髪などの末端をケアする
染めた髪が伸びっぱなしでプリン状態になっていたり、枝毛が多くて髪にツヤがないのはNGです。ネイルをしている子は、剥がれていないかを確認しましょう。
面接前に美容院でヘアセットをしてもらうのもおすすめです。シャンプーとブローで3,4千円かかってしまいますが、プロの手でキレイにセットされると自信がつきます。

カテゴリ